LARGEST KITCHEN|ラージェスト・キッチン

LARGEST KITCHEN(ラージェスト・キッチン) キッチンタイムをもっと愉しく。もっと効率的に。

お料理の際も後片付けの際も、キッチンのワークスペース面積は重要なポイントです。ワークスペースの広さは作業効率にも大きく影響します。シンクとコンロ、冷蔵庫の3点を結ぶ動線を「ワークトライアングル」と呼び、この三角形が程よい距離感に配置されていると、ムダな動きがなく、スムーズに動くことができるバランスの良いキッチンとなります。その視点からDEUX・RESIA BEFUではL型キッチンに注目しました。
ゆとりある作業スペースとスムーズな動線によって作業効率をアップ。結果、時間のゆとりができたり、お料理がもっと楽しくなったり…毎日の暮らしに心のゆとりをもたらしてくれる「ラージェスト・キッチン」です。

マンションで採用されるL型キッチンのほとんどが、壁付カウンター側が長いタイプ。
これはLDKの面積が充分でなかったり、間口が狭いために、対面カウンター側を短くせざるを得ないためです。これではせっかくのL型なのに開放感がなかったり、また大きなダイニングテーブルが収まらなかったり…という不具合が生じます。
一方、DEUX・RESIA BEFUの「ラージェスト・キッチン」は対面カウンター側を長く確保。LD部分との一体感が生まれ、L型キッチンの利点が充分に発揮できます。

キッチンワークの動線や効率性、機能性とともに開放感や家族とのコミュニケーションを高めるキッチン、それが「ラージェスト・キッチン」なのです。

壁付カウンター側が長いキッチンとラージェスト・キッチンの比較図
L型キッチンが人気の理由 L型キッチンイメージ1

L型キッチンイメージ2

ワークスペース

通常、I型キッチンのワークスペースサイズは2300mm〜2550mm。DEUX・RESIA BEFUのラージェスト・キッチンは対面側だけでも2472mm、加えてコンロ側に1950mmを確保。さらにこれに加えて奥行きもあり、コーナー部分のスペースがあるため、プラスアルファの充分なワークスペースが創出されます。

一般的なL型キッチンとラージェスト・キッチン比較図

収納スペース

ワークトップ面積が広いということは、その下にある収納スペースも広いということ。デッドスペースとなりがちな収納コーナー部分には扉を開くと奥のバスケットが出てくる「マジックコーナー」を採用。また対面型にすることで背面にも収納を設置することができ、大容量の使い勝手のよい収納スペースを叶えています。

マジックコーナー

キャビネットコーナー部分の
デッドスペースを有効活用できます。

※C・C1・C2タイプに標準装備。

開放感と一緒にお料理の効率が上がる→自分の時間ができる→コミュニケーションにゆとりをもたらしてくれる→キッチンを中心にして笑顔が広がる→それがラージェスト・キッチン