SPACE PRIVACY

都市生活に不可欠な、「プライバシー」を創出するための工夫。

都市にありながら、それぞれの住戸、それぞれの人々、
個々の暮らしやライフスタイルを守り、独立性の高いライフステージを叶えるためにプランニングやセキュリティなど、さまざまな角度からプライバシー性を高めました。

FLOOR PLAN

1フロア2邸〜3邸のフロアプラン。

多くの開口部を確保し、採光・通風性を高めるために、またプライバシーが確保された静かな居住環境を創出するため、2〜6階では1フロア3邸、7〜13階では1フロア2邸という独立性の高いプランニングを実現しています。

1フロア3邸

ELAVATOR

両方向に乗り降り可能な両開きエレベーターを採用。

エレベーターは前後ともに扉があり、どちらからも乗り降り可能な両開きタイプを採用。
10〜13階では、お住まいの階、お住まいの側での乗り降りが1住戸に限られることになり、プライベートエレベーターのようにご利用いただくことができます。

1フロア2邸

日常の動線の中にプライバシーとコミュニティとしての機能を両立

PREMIUM FLOOR

ステイタスという付加価値。

10〜13階のフロアはプレミアムフロアとして、3,060mmの天井高を確保。
大判タイルなど上質なマテリアルを採用した空間デザインだけでなく、
その階の鍵を持つ方しかアクセスできないエレベーターセキュリティを採用するなど、
より高いプライベート感とステイタス性を求めました。
専用部だけでなく、共用部においても充実したクオリティを追求し、
さらなる付加価値を創出する住まいを目指しています。