TAKAMIYA並木道のある風景

並木道のある風景に暮らすということ。

都心エリアに林立する背の高いビルが姿を消し、代わりにこじんまりしたショップやレストランが姿を現す高宮界隈。何よりも顕著に違いを感じるのが緑のボリューム。まばらに点々と植えられている街路樹ではなく、緑の帯を描いている並木道。空気が澄んで、今までには感じなかった透明感が感じられる。車の音も遠くなり、空はずっと青く、高く変化したような気がする。
駅までの距離とか通勤時間とか、今の時代は利便性こそが人と街との関係のように語るけど、こんな景色があること、こんな道があること、そこに暮らすことの意味を考えてみてもいいんじゃないかなと思う。

並木道のある風景に暮らすということ

並木道を彩る四季折々の植物たち。

目の前に福岡大学高宮グラウンドがあり、南面には落ち着いた住宅街が広がる開放感溢れる立地。高宮グラウンドや高宮中学校の敷地内には、春になるとサクラが満開になり、美しく幻想的な光景を目にすることができます。
また周辺の並木道にはイロハモミジやナンキンハゼなどの高木から、紫色の可愛い花を咲かせる多年草のフイリヤブランなど、多彩な植物が計画的に植えられており、春夏秋冬の訪れを感じることができます。
それぞれの季節の風情を愛でる愉しみがあり、その鮮やかな色や香りが身近にある環境…。自然に触れ、心を潤しながら豊かに暮らすことができるロケーションです。

並木道を彩る四季折々の植物たち。

特別な時間と空気感。

都心、天神に近く、都市圏エリアにある街なのに高宮エリアには特別な時間と空気感が流れている気がする。どことなく緩やかで、どことなく品があり、それでいて瑞々しく高い感性を感じる。刺々しさがなく、優しい空気。
最先端の尖った流行や文化を息を切らせて追いかけるのではなく、本当に良いモノだけをセレクトして採り入れてきた。それが積み重なり、繊細で豊かな色をまとう独自の美的感覚が定着した街。

特別な時間と空気感 1 特別な時間と空気感 2
※掲載のイラストマップは周辺の地図情報を基に描いたもので、イメージです。建物の縮尺などは実際とは異なります。