GARALO

SPACE INNOVATION

デザインと暮らし心地の関係性

デザインは見た目の美しさやかっこよさであり、気持ちに作用するものであって、機能性や利便性とは関連しないように思われがちだが、実はそうは言いきれない。居住空間における優れたデザインは、同時にライフスタイルの幅を広げ、住み心地を大いに向上させてくれる。LANDICが追い続けているのは、この2つが融合することで生まれる、「今までになかった」スタイルなのだ。

「高さ」という可能性

一般的なマンションでは限られた空間をヨコに区切り、壁によって仕切ることで空間を構成する。
その「ヨコ」の概念に「タテ」を、つまり「高さ」という視点をプラスすることで、居住空間がもたらす可能性は大きく広がっていく。

UTILITY SPACE

アイディアの数=シーンの数

ガレーロの使い方はさまざま。家族構成やライフスタイルによって、または暮らす人のアイディア次第で、使い方を限定する必要はないのだ。例えば上部、ロフト部分は子どもが遊ぶキッズスペースや宿題する場所として活用。ドアと壁で孤立した子供部屋と違い、子どもが何をしているのか、その声や息づかいがリビングやキッチンからも感じられ、親子間の距離を近付けてくれる。また下部のガレージ部分では収納スペースとしての使い方以外にも、例えばペット専用のスペースにしたり、家事をしたり、隠れ家のように趣味の部屋にしてしまっても面白い。それぞれの家族の数だけシーンが生まれる。それがガレーロの魅力。

STORAGE SPACE

機能性高く。見た目も美しく。

季節毎の衣類や家電品、子どものおもちゃや趣味のアイテム、ゴルフバッグやキャリーケース、雑貨備品….住まいのどこかに収納しなければならない生活用品は枚挙に遑がない。さらに子どもの成長につれてその種類や数は増えていく一方。そのすべてを収納するために、どうしても収納家具が必要となり、有効な生活スペースが狭くなっていってしまう。すっきりと片付いた居住空間を求めるたびに立ちふさがる「収納スペース」という課題。ガレーロはその収納を大容量で、お洒落に確保するために、『デザイン+機能性』を融合したカタチ。リビングにあるので何をしていてもすぐ取り出せるし、片付ける時も早い。でも扉があり、目隠しすることもできるので、急な来客でも慌てて隠すような必要もない。そして何よりも収納力。通常のクローゼットには入りきれない大きめの家電や段ボール、布団などでも余裕をもって片付けることができるのだ。いい仕事をしてくれて見た目も美しい。ガレーロは住まいにおける収納の悩みを解決してくれる頼もしい存在だ。

HOW TO USE

  • GARALO
  • GARALO NEO
  • GARALO TWIN
  • CORE GARALO
  • GARALO SOU

ガレーロ


高さという可能性

上部のアッパーロフトと下部のアンダーガレージによって同じ空間を共有しながら、
フロアレベル違いの二層空間を創出。
ライフスタイルやアイデア次第で使い方は、限りなく広がっていきます。

※一般的なマンションの天井高は約2,400mm。PARK ASSOCIA THE RESIDENCEの天井高は、2,450〜3,020mmが標準。
※高さや使用用途については、行政上の制限があります。
※掲載の写真は弊社のモデルルームを掲載したもので、実際のものとは異なります。一部オプションも含まれます。なお、家具、備品などは価格に含まれません

ガレーロ・ネオ


収納スペースをデザインに組み込む。

アッパースペースはキッズスペースやレストスペースとして、アンダースペースは衣類などの収納スペースとして活用した『ガレーロ・ネオ』。機能的な収納スペースを、デザインとしてリビングの一部に組み込んだカタチ。

ガレーロ・ツイン


タテ+ヨコ発想のコンビネーション。

タテ発想とヨコ発想を組み合わせ、ガレーロとキッズルームをつないだ『ガレーロ・ツイン』。家族それぞれの時間や使い方で生活しながらも「住まい」というひとつの空間でお互いの存在を感じながら暮らす自在空間。

コア・ガレーロ


目線の高さを変える。

LDKフロアレベルの一部を150mm上げた『コア・ガレーロ』。LDKという空間を壁で間仕切ることなく、高さによってゾーニングしたスペース。

ガレーロ・ソウ


廊下上部に「層」をつくる。

居住空間を最大限に活用するために生まれた廊下上部の空間を利用した『ガレーロ・ソウ』。上部に重なる「層」となる空間を創り、洋室から上部層に上ることができる動線を確保。

PAGE TOP