STRUCTURE

STRUCTURE

大切な暮らしと資産としての「住まい」を支える。

長く安心して暮らせる場所であるために、また「資産」でもある住まいを守るために、見えない構造部分にも配慮を尽くしています。

 

充分なかぶり厚
かぶり厚とは、鉄筋を覆うコンクリートの厚さのことです。コンクリートは表面から徐々に中性化が進行しますが、鉄筋まで進むと、鉄筋が錆びて体積が膨張し、コンクリートに亀裂を生じさせます。かぶり厚を充分にとることで、中性化の進行を遅らせ、耐久性を高めることができます。

低収縮の水セメント比
水セメント比とは、コンクリートの配合におけるセメント量に対して加える、水の重量比。数字が低いほど水の量が少なく、強度が高くなります。水セメント比を55%以下に設定することで、コンクリートの収縮を低く抑え、ひび割れも起こりにくい建物を実現できます。

安全な基礎構造
本建築物は安定した地盤に支持された杭基礎で支えられています。基礎杭は既製コンクリート杭を採用し、安全性を確保しています。高層建築物でも採用されている、安定した信頼性の高い基礎構造です。

配筋
主要な床や壁の配筋には、コンクリート中の鉄筋を二重に配置するダブル配筋を採用。コンクリートの拘束に効果を発揮します。

対震枠
地震の際に「玄関ドアが開かなくなり、部屋に閉じ込められた」という事態を防ぐために、「パークアソシア ザ・レジデンス」では対震ドア枠を採用しています。

耐久性に優れ環境に配慮した健康建材
表面に強靭な膜を施してあり、傷に強く汚れも付きにくいので、お手入れもラクラクです。燃焼時に有毒ガスを発生しないオレフィンを採用した健康環境対応型建材です。美しい高級木目を大胆に表現したスタイリッシュなフローリング材です。

対震ドアガード
ドア枠の変形で、ドアガードを外せなくなり、開閉不能にならないよう、ストッパー部分が上下に可動し、付け根部分を大きくしたドアガードを採用しました。

生活騒音の実感度

LH50、LL40の高い遮音性を実現

二重天井
天井は天井スラブと天井仕上材の間に空間を確保し、二重構造となる二重天井を採用。天井の出っ張り引っ込みが少なくなり、すっきりした空間が確保できます。また優れた遮音効果・断熱効果を発揮します。

二重床構造
二重構造となっており、上下階間の気になる衝突音や生活音を軽減しています。

24時間低風量換気システム概念図
高気密性は快適な住まいの条件の一つ。でも、上手に換気しないと汚れた空気や湿気がたまってしまいます。そこで24時間低風量換気システムの出番です。スイッチ一つで絶え間なく新鮮な空気が入ってくるので、室内はいつでも新鮮な空気に満ちています。

通気性にも配慮した押入中段スリット
押入の中段には、スリット(すき間)を設けて、押入内の通気性に配慮しました。

断熱・防水への配慮
外気の熱や冷気が室内に伝わりにくい二重壁構造です。また、最上階住戸に対しては、断熱材の上に防水処理を行っています。

EQUIPMENT LIST

PAGE TOP