KITCHEN食の舞台

あなたが思い描くのはどんな食卓ですか?
画像
画像 家族を近付け、つなぐために重要な役割を担う「食」。朝食もランチもディナーも、家族が集い、その日の体調を気遣かったり、会話したり。
DEUX・RESIAでは、食の舞台となるキッチンに暮らしの「核」となる存在感を持たせ、家族の笑顔の「中心」となるよう、個性的なキッチンのスタイルを提案しています。普段の食事の時も、また友人を招いたパーティタイムも、様々なシーンの中心として活躍する、楽しみのあるステージを創出しました。
画像
KITCHEN STYLE VARIATION

食卓を囲むと会話が弾む。笑顔が咲く。

DEUX・RESIAでは「いただきます」「ごちそうさま」
そんな声が響く暮らしのシーンを想定し、
家族や人々が集い、会話が弾み、愉しむことを叶えるための様々なスタイルのキッチンを提案しています。
あなたが叶えたいキッチンはどんなカタチですか?

画像

画像

ワークスペースにこだわりたい。デザイン性が一番大事。収納スペースの広さは譲れない。プロ仕様の機能性が欲しい…キッチンに理想や夢、憧れを持つ人は多いのではないでしょうか。住まいの中で一番自慢したい場所、一番お気に入りの場所になるような、あなただけのキッチンを叶えてみませんか。

画像
画像
画像
logo
ゆとりあるキッチンワークスペースが新しいライフスタイルを提案。

キッチンのワークスペースの広さは作業効率にも大きく影響します。DEUX・RESIAではL型キッチンのゆとりある作業スペースとスムーズな動線によって作業効率をアップ。結果、時間のゆとりができたり、お料理がもっと楽しくなったり…
毎日の暮らしに心のゆとりをもたらしてくれる「ラージェスト・キッチン」です。

画像

生まれるのは開放感とコミュニケーション。キッチンワークを孤独にしない工夫。

DEUX・RESIA 高宮並木通りの「ラージェスト・キッチン」は対面カウンター側を長く確保。LD部分との一体感が生まれ、L型キッチンの利点が充分に発揮できます。キッチンワークの動線や効率性、機能性とともに開放感や家族とのコミュニケーションを高めるキッチン、それが「ラージェスト・キッチン」なのです。

画像
収納スペース

ワークトップ面積が広いということは、その下にある収納スペースも広いということ。デッドスペースとなりがちな収納コーナー部分には扉を開くと奥のバスケットが出てくる「マジックコーナー」を採用。また対面型にすることで背面にも収納を設置することができ、大容量の使い勝手のよい収納スペースを叶えています。

ワークスペース

通常、I型キッチンのワークスペースサイズは2300㎜〜2550㎜。DEUX・RESIA高宮並木通りのラージェスト・キッチンは対面側だけでも2072㎜〜2472㎜、加えてコンロ側に1822㎜〜2050㎜を確保。さらにこれに加えて奥行きもあり、コーナー部分のスペースがあるため、プラスアルファの充分なワークスペースが創出されます。

画像
※掲載の写真は弊社のモデルルームを撮影したもので、実際のものとは多少異なります。一部オプションも含まれます。なお、家具、備品などは価格に含まれません。