SPACE INNOVATIONスペースイノベーション

発想は自由。アイディアは無限。

我が家という場所。そのカタチは暮らす家族の人数や生活スタイルによって違うはず。DEUX・RESIAではそんな十人十色に違う家族の暮らしのシーンをもっと快適に、もっと楽しくするための空間提案を行っています。それは居住空間に高い自由度を与えること。インテリアやファブリックを設置して自分のカラーを表現するだけでなく、高さを変えたり機能性をプラスしたり。今までになかった発想やアイディアをカタチにすることで、日常生活に新たな視点をプラスしたのです。想像して、創造する。あなたならこの空間をどう使いますか?

画像
logo

同じ空間に居ながら、それぞれの使い方。
「セカンド・リビング」という提案。

一般的なマンションよりも高い天井高を活かし、
「アッパーロフト」と「アンダーガレージ」から成る「ガレーロ」。家族で同じ空間を共有しながらも別々の使い方、愉しみ方ができる、新たな発想、新たなデザインが評価され、
2014年度のグッドデザイン賞を受賞いたしました。

画像
空間を「平面」として区切らずに「立体」として高さで使い分ける。

上段は書斎やキッズスペースに、下段は書庫や収納スペースに…など、家族構成やライフスタイルに合わせ、さまざまな使い方を可能にする空間です。
フロアレベルの違いでスペースを分けながらも、同じ空間で共に過ごす。そんな今までになかったスマートなライフスタイルが叶います。

※一般的なマンションの天井高は約2.4m。DEUX・RESIA高宮並木通りの天井高は2,470〜3,070mmが標準です。
画像
画像
画像
自由に。自在に。暮らしの可能性を解放させる立体的新発想空間。

ガレーロとキッズルームをつないだ『ガレーロ・ツイン』なら、リビングにいながら子ども部屋の気配さえも伝わります。
遊んだり勉強したり昼寝したり…子どもは子どもの、親は親の時間配分やスケジュールで生活しながらもv「住まい」というひとつの空間でお互いの存在を感じながら暮らすことができます。

■ガレーロ・ツインの断面図
画像
リビングを活用して、機能的な収納スペースを実現。

スペースを機能的に、フレキシブルに活用したキュービックスタイル。アンダースペースはオフシーズンの衣類やグッズの収納スペースとして。
アッパースペースは子どもたちの遊び場、パパ、ママの趣味の場などに。リビングやプライベートルームを幾通りにも利用でき、インテリアのアクセントにもなるオプションスペースです。

画像
画像

目線が高くなると、視界が広がる。
空間の広がりが体感できる個性的な空間。

リビングやダイニング、和室など、
LDKフロアの一部を150mm上げたコア・ガレーロ。
LDKという空間を壁で間仕切ることなく、
高さによるゾーニングを叶えたスペースです。
目線(アイレベル)が高くなることで視界が広がるため、
家事をしながら子どもの宿題を見たり様子をうかがったり
またステージのように食や会話の中心となったり
様々なシーンの中心として活躍する、
楽しみのあるステージを創出しました。

画像
How to use GARALO

アイディアの数=使い方の数。暮らしのスタイルが無限に広がります。

ガレーロの使い方は、収納スペースとしてだけではありません。パパやママのための空間、子どものための空間、ペットのための空間…
ご家族構成やライフスタイルに合わせ、多彩で多用な使い方が可能です。あなただけのガレーロスタイルを見つけてみませんか?

画像
画像 A:子どもと一緒に愛車の手入れをするのはいかが? 趣味を満喫するガレージとしても便利なスペースです。
B:ガレーロ上部をキッズスペースとして活用。リビングやキッチンにいても目が届くので安心。
C:おやつを食べたり宿題したり。子どもの自立を促すきっかけづくりにも利用できます。
D:ママが家事をする間に、お昼寝スペースとして活用。
画像
画像 E:専用の出入口を設置することで、ペットルームとして活用することもできます。
F:アイロンがけなど、家事室として使用すれば、来客の際にも安心。
G:お客様の就寝時に、寝室として利用もできます。
H:ワインセラーや保存食、鍋や食器など、キッチン用品の収納庫として活用。
※掲載の写真は弊社のモデルルームを撮影したもので、実際のものとは多少異なります。一部オプションも含まれます。なお、家具、備品などは価格に含まれません。