GARALO

「高さ」によって空間のシーンを多様化させる
ガレーロシリーズ

一般的なマンションでは、限られた空間をヨコに区切り、壁やドアによって空間を仕切ることで空間用途をゾーニングしています。
ASSOCIAマンションではその「ヨコ」の概念に「タテ」の視点をプラス。
「高さ」を意識し、最大限に活用するゾーニングを採用したことで、ライフスタイルの多様化を可能にする居住空間を創出しました。
この新たな発想、新たなデザインが評価され、『ガレーロ』は2014年度のグッドデザイン賞を受賞しています。

  • GARALO
  • GARALO TWIN
  • GARALO NEO
  • GARALO SOU
  • CORE GARALO

ガレーロ

家族の距離が近付く

空間を「平面」として区切らずに「立体」として高さで使い分ける。

一般的なマンションよりも高い天井高を活かし、「アッパーロフト」と「アンダーガレージ」から成る『ガレーロ』。上段は書斎やキッズスペースに、下段は書庫や収納スペースに…など、さまざまな使い方を可能にする空間です。
フロアレベルの違いでスペースを分けながらも、同じ空間で共に過ごす。そんな今までになかったスタイルが叶います。


※一般的なマンションの天井高は約2.4m。PARK ASSOCIA 室見河畔の天井高は2,450〜3,050mmが標準です。


一般的なマンションの断面図

GARALO断面図


※※高さや使用用途については行政上の制限がございます。※別途オプション費用が掛かります。
※掲載の図面は弊社施工例であり、当物件のものではありません。

ガレーロ・ツイン

隣の部屋にいても気持ちがつながる

 

自由に。自在に。暮らしの可能性を解放させる立体的新発想空間。

ガレーロとキッズルームをつないだ『ガレーロ・ツイン』。リビングにいながら子ども部屋にいる子どもたちの気配さえも伝わります。個別の空間だったものを、ダイレクトにつなげることによって、家族の息づかいが伝わり、笑顔や気持ちが届く空間構成。子どもは子どもの、親は親の時間配分やスケジュールで生活しながらも、立体的に空間をリンクさせたひとつの空間で、お互いの存在を感じながら暮らすスタイルを可能にしました。


一般的なマンションの断面図

GARALO断面図


※※高さや使用用途については行政上の制限がございます。※別途オプション費用が掛かります。
※掲載の図面は弊社施工例であり、当物件のものではありません。

ガレーロ・ネオ

フレキシブルに機能性も兼ね備える

リビングを活用して、機能的な収納スペースを実現。

収納スペースの確保と、ライフスタイルの多様性という課題を同時に解決する、機能的かつレキシブルなキュービックスタイル、『ガレーロ・ネオ』。アンダースペースはオフシーズンの衣類やグッズの収納スペースとして。アッパースペースはキッズスペースや寛ぎの場としてなど、幾通りにも利用でき、インテリアのアクセントにもなるオプションスペースです。

※高さや使用用途については、行政上の制限があります。※掲載の写真は弊社のモデルルームを掲載したもので、実際のものとは異なります。一部オプションも含まれます。なお、家具、備品などは価格に含まれません。


GARALO NEO断面図


※※高さや使用用途については行政上の制限がございます。※別途オプション費用が掛かります。
※掲載の図面は弊社施工例であり、当物件のものではありません。

ガレーロ・ソウ

子どもの成長を見据えて収納空間は充分に

使い方は十人十色。
頭上にプラスアルファの空間を確保。

居住空間を平面ではなく立体の空間として捉え、最大限に活用するためには? そんな視点で住まいを見つめ直し、生まれた新発想が、廊下上部の空間を利用した『ガレーロ・ソウ』です。

各部屋をつなぎ、移動するための廊下。その上部に重なる「層」となる空間を創り、洋室から上部層に上ることができる動線を確保しました。プラスアルファのキッズスペースとして、またはプラスアルファの収納スペースとして。ご家族人数や構成にあわせて、多様性のあるスタイルを叶える空間です。

コア・ガレーロ

家族や友達が集まる場所をつくる

目線が高くなると、視界が広がる。
空間の広がりが体感できる個性的な空間。

リビングやダイニング、和室など、LDKフロアの一部を150mm上げたコア・ガレーロ。
LDKという空間を壁で間仕切ることなく、高さによるゾーニングを叶えたスペースです。
目線(アイレベル)が高くなることで視界が広がるため、家事をしながらこどもの宿題を見たり、様子をうかがったり、ステージのように食や会話の中心となったりなど様々なシーンで活躍する場を創出しました。

PAGE TOP