[新築リノベ。] PLAN1, PLAN2

新築リノベ。PLAN1

新築リノベ。PLAN1

土間のある家

屋内にありながら、外と内との中間領域のように使える空間、それが土間。
日常の暮らしの中にアウトドアの雰囲気を採り入れたり、
植物をたくさん置いてボタニカルコーナーにしてみたり。
もちろんその中で食事したり、読書や昼寝を楽しむのもいい。
こんなスペースで過ごせば、家族同士の笑顔や会話がもっと増えそうです。

新築リノベ。PLAN1
新築リノベ。PLAN1

新築リノベ。PLAN1
新築リノベ。PLAN1

新築リノベ。PLAN2

新築リノベ。PLAN2

家事を楽しくする回遊性のある家

例えば洗濯カゴを抱えてバルコニーまでの動線、掃除機を片手に行ったり来たり、
家事の際、ドアの開け閉めを面倒に感じたことはありませんか?
それならいっそ、水廻り動線上のドアをなくしてしまいましょう!
スムーズな動線が毎日の家事を楽しくしてくれるかもしれません。

新築リノベ。PLAN2

新築リノベ。PLAN2
新築リノベ。PLAN2
新築リノベ。PLAN2


※掲載のプラン変更図は参考例です。ご希望打合せ後に個別にご提案いたします。※建築基準法、その他関連法令に適合することが条件となります。※工事進捗状況に伴い期限がございます。また有償となる場合もございます。※掲載のイラストはイメージです。

アイディア1つで「私らしさ」がカタチになる。ワガママで欲張りな家づくりをはじめよう!

間取りに一般的な正解はありません。あなたやご家族の暮らし方にあったカタチこそが正解。
退屈な家、退屈な間取りにしないために、部屋数から始める考え方を変えれば、住まいづくりは根本から変わってくるはずです。

「うなぎの寝床」になれること

快適な住まいの間取りは四角形から生まれます。強度のあるマン ションでは壁や柱に邪魔されない筒状の空間をつくることができます。端から端までが一直線に見渡せる、うなぎの寝床のようにシンプルな四角形。実はそれこそが理想のプランをつくるための、 自由度の高いスタート地点なのです。

光と間取りの親密な関係。

レイアウト次第で光と風を家の中に呼び込むこともできます。必要なプライバシーを守るための、最低限の間仕切りは残しても壁やドアの上部を開放すれば、光や風はスルリと抜けていきます。隣り合う壁面や天井面にも光がまわる、そんな間取りをつくりませんか?

空間には「高さ」があることを忘れない。

一般的にマンションの間取りは部屋と部屋、廊下、水まわりなどを壁やドアで仕切ってつくられています。しかし「空間」は二次元ではなく、三次元の「立体」であるはず。「ヨコ」の視点に「タテ」の視点を加えることで、今まで気付かなかった、新しい暮らしのスタイルが見えてくるはずです。

新築リノベ。PLAN1,2
新築リノベ。PLAN3,4
新築リノベ。PLAN5,6

新築リノベ。について

リノベ参考事例

対象物件について

[新築リノベ。]の詳細は各物件ページの資料請求よりお問合せ下さい。

PAGE TOP